大阪の税理士(会計)「芦屋会計事務所」で月額1万円から依頼

社長が読むべき事業計画書作成のための4つの評価ポイント

金融機関から融資を受ける場合、最も必要な書類は何だとお考えですか?それは、事業計画書です。事業計画書とは、企業がどのように事業を進めていきたいのかを中期的な視点で示したものです。資金調達が目的である場合、返済までの計画が少なくとも必要です。

では、なぜ事業計画書が重視されるのでしょうか。それは、金融機関の融資判断の仕組みが、稟議というシステムを取っていることにあります。中期目標や、企業としての方向性が論理的に示されていることが、資金調達に直結する事業計画となるのです。

そこで今回は、金融機関が評価する4つの項目についてご説明したいと思います。

 

長期ビジョン

長期ビジョンとは、会社の経営理念と言い換えても良いかも知れません。経営理念は抽象的な言葉で表現されるため、事業計画書を作成するにあたって意味がないと考えられがちですが、金融機関にとってみると、経営理念は、企業にとっての憲法のようなものなのです。事業が岐路を迎えた時や、数値計画達成が困難な時にどのような判断を下すのか予想する重要なファクターと言えるのです。

 

現状認識

自社が身を置く業界の経営環境や、商品の流通状態、強み・弱み、ビジネスチャンス、脅威などを把握していないことには、経営計画書に説得力を持たせることが出来ません。また、金融機関は「過去から現在」を見た上で、将来を見極めますので、現状認識が必要不可欠なのです。

 

数値計画

数値計画は、事業計画の中心となる要素です。企業として具体的な戦略を数値化したものと定義することが出来ます。自社の戦略が、どの指標に基づき影響を与えるのかを考えた上で数値に反映させます。数値計画は詳細であるに越したことはありませんので、より財務数値化させましょう。

 

アクションプラン

アクションプランとは、数値計画を実行する具体的な行動を表したものです。現状認識と数値計画とのギャップをどう埋めるのかを明記し、具体的な項目と、実施した効果を示す必要があります。アクションプランを実行する仕組みや管理体制を構築することはもちろん、軌道修正する場合には、いかに柔軟に対応できるかがポイントとなります。

 

今回のまとめ

事業計画書

今回は事業計画書を作成する時に、金融機関が評価する4つのポイントについてご説明してきました。社外に対して事業計画書を作成し、融資を受けるためには、押さえておかなければならないいくつかの項目があります。今回はそのなかでもより重要な4つをご紹介したつもりです。事業計画書を作成する時には、今回お話したことに注意して頂きたいと思います。

長期ビジョン
会社の経営理念(会社にとって憲法のようなもの)
現状認識
業界の経営環境・商品の流通状態・強み・弱みなど。
数値計画
事業計画の中心となる要素。
アクションプラン
数値計画を実行する具体的な行動を表したもの。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


大阪の税理士(会計)事務所「芦屋会計事務所」で税理士を月額1万円から依頼

カテゴリー

購読する

税理士コラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

リロケーションコラム RSS

ページ上部へ戻る
大阪の税理士「芦屋会計事務所」 | 大阪の税理士コラム