大阪の税理士(会計)「芦屋会計事務所」で月額1万円から依頼

資金繰りに悩む経営者必見!資金不足が起こる4つの原因とは?

会社が突然資金不足を起こす原因はいくつもあります。

代表的なものは、取引先の倒産です。大口の売掛金が回収不能になることで、連鎖倒産する例は多くあります。その他にも、期日一斉返済型の借入金の反復借入ができなかった場合や、ベテラン従業員の退職に伴う高額の退職金の支払いが突然発生した場合、また地震や火事などの自然災害による商品や設備の毀損による損害など常に会社の周りには資金不足を招くリスクが存在しています。

そこで、今回は資金が不足する大きな4つの原因を紹介します。

 

1.収益力の低下

(1)売上高の減少

販売数量の減少や、得意先の減少、販売単価の低下などの原因で、売上高が減少してしまう場合があります。

(2)限界利益率の低下

販売単価の減少、仕入れ単価の上昇などが原因で収益力が低下してしまうことも多いかと思います。

(3)固定費の増加

管理経費が増加してしまった、労働分配率が上昇したなどの理由で固定費が増加し、収益力が下がることもあります。

 

.過大な設備投資

(1)見通しの甘い長期投資

付き合いだけで続けている投資や購入なども、長期間になると経営を圧迫する要因になり得ます。

(2)借入依存の設備投資による返済元金と支払い利息の増加

借り入れに依存した、安易な設備投資は危険です。経営が不振になれば、元金の返済と利息の支払いが重くのしかかってきます。

(3)計画性のない不動産投資

立地や収益性を考えず無計画に購入すれば、後々大きなお荷物となってしまいます。

(4)非売却資産への投資

土地、ゴルフ会員権、株式などへの投資も限度を超えれば資金繰りに影響します。

 

.資金バランスの悪化

(1)急激な売上増加

売上の増加は経営にとって喜ばしいことですが、急激に増加してしまうと、生産性を上げるために設備増設や人員増加のための、増加運転資金が必要となり、資金バランスが崩れる要因となります。

(2)売掛債権の回収遅延

取引先の経営悪化などで、売掛金の回収が滞る、遅延するだけでも資金バランスが悪化します。

(3)過剰生産など

過剰生産、過剰在庫、不良在庫なども放置しておくと、資金バランスに影響します。

(4)決済期間の短縮

仕入れ先からなんらかの事情で、仕入れ債務の決済期間を短縮するよう圧力がかかることも、資金繰りが苦しくなる原因となります。

 

.その他の原因

ほかにも以下のような原因があります。

(1)不良債権の発生(取引先の倒産など)

(2)返済能力を超えた借入金

(3)仮払金、貸付金などの不明瞭勘定

(4)過大な税負担(交際費に対する課税など)

 

■今回のまとめ

資金不足の原因は大きく以下の4つに分類されます。

資金繰りに大きな問題はない、とお考えの経営者のみなさんも、あてはまるものがあれば、それは将来起こり得る資金不足のリスクを抱えていることになります。よく、チェックしておきましょう。

 

.収益力の低下

(1)売上高の減少
(2)限界利益率の低下
(3)固定費の増加

.過大な設備投資

(1)見通しの甘い長期投資
(2)借入依存の設備投資による返済元金と支払い利息の増加
(3)計画性のない不動産投資
(4)非売却資産の投資

.資金バランスの悪化

(1)急激な売上増加
(2)売掛債権の回収遅延
(3)過剰生産など
(4)決済期間の短縮

.その他の原因

(1)不良債権の発生(取引先の倒産)
(2)返済能力を超えた借入金
(3)仮払金、貸付金などの不明瞭勘定
(4)過大な税負担(交際費に対する課税など)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


大阪の税理士(会計)事務所「芦屋会計事務所」で税理士を月額1万円から依頼

カテゴリー

購読する

税理士コラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

リロケーションコラム RSS

ページ上部へ戻る
大阪の税理士「芦屋会計事務所」 | 大阪の税理士コラム