大阪の税理士(会計)「芦屋会計事務所」で月額1万円から依頼

大阪の税理士が大公開します!経費削減をするための5つのアイデア

会社の利益を上げるためには、売上を増やすか費用を削減するしかありません。

多くの会社では費用を削減するために決死の努力をされているのではないでしょうか?

中小企業を経営する社長さんや、経営陣の方は、どのような措置をとればコスト削減に繋がるのか、連日連夜悩まれているのではありませんか?

そこで今回は、「経費削減でやるべき5つのポイント」について、ご紹介していきます。

 

経費を削減するには、変動費と固定費を理解する

費用は変動費と固定費に分けることができます。

変動費とは、事業活動に必要な原材料などの原価に相当するもので、売上の増減によって変化する費用のことです。

固定費とは、売上に関わらず一定の金額がかかる費用のことを言います。

 

変動費の削減は、調達先の絞込みや物流コスト削減などによって実現し、また外注部分のない成果による削減も実現可能なのか検討する必要があります。

変動費を削減することによって、生産性が向上し、売上金額が一定だとしても、利益率向上に寄与します。

 

変動費削減のために具体的にやるべき5つのこと

自社で外注部分に取り組む
委託・消化仕入から、完全買い取り仕入に変更することで仕入原価を下げる
共同倉庫・共同配送化で物流コストを削減
インターネットを活用し、安価な部品・材料を調達する
3社見積1社受注を徹底、仕入業者の拡大と費用の削減に努める

 

固定費を削減するためには、まず無駄な経費がないかを洗い出し、必要経費と削減可能な経費に分類します。削減可能な経費は、早く削減着手に取り掛かる必要があります。

 

固定費削減のために具体的にやるべき6つのこと

旅費規定を見直す
社用の車をリース車や、自家用車借り上げ方式へ変更する
保守管理契約の内容を見直す
ミスコピーをした場合、裏紙の活用
制服の廃止
会社契約の携帯電話を廃止、個人へ一定額料金補助方式へ変更する

 

バランスシートの圧縮で経費を削減する

1)借入圧縮、借入条件の見直しによる支払利息の減少

遊休資産や不良資産を売却することによる借入圧縮で、支払利息が軽減されます。

金融機関で、借入条件を交渉することも有効な方法です。

売掛債権を早期回収するためには、売掛債権回収期間を短縮、早期資金化による方法もありますし、取引先の信用調査を定期的に実施し、確実に債権回収ができるのかを見極めておくことも大切です。

 

2)在庫の見直し

在庫は適正な数量を決め、余剰分をどうすれば早くお金に換えることができるのかを考える必要があります。

適切な在庫管理をするための5つのポイント

現状の在庫を知る
適正在庫を決定する
余剰在庫の売却・返品等を検討する
在庫管理の仕組みを確立する
毎月正確な棚卸をする

 

3)資産の処分

土地、株式、ゴルフ会員権などは固定資産税などの維持費がかかりますので、処分すべきです。

資産処分の4つの方法

遊休施設の売却
費用対効果の高いリースバックを検討
ゴルフ会員権を売却
株式の持ち合い解消

 

今回のまとめ

今回は、経費を削減するためのノウハウをご紹介してきました。

 

●変動費削減のためには、

1.自社で外注部分に取り組む

2. 委託・消化仕入から、完全買い取り仕入に変更することで仕入原価を下げる

3. 共同倉庫・共同配送化で物流コストを削減

4. インターネットを活用し、安価な部品・材料を調達する

5. 3社見積1社受注を徹底、仕入業者の拡大と費用の削減に努める

 

●固定費削減のためには、

1. 旅費規定を見直す

2. 社用の車をリース車や、自家用車借り上げ方式へ変更する

3. 保守管理契約の内容を見直す

4. ミスコピーをした場合、裏紙の活用

5. 制服の廃止

6. 会社契約の携帯電話を廃止、個人へ一定額料金補助方式に変更する

 

●バランスシート圧縮で経費を削減する3つの方法

借入圧縮、借入条件の見直しによる支払利息の減少
在庫の見直し
資産の処分

 

最後に

経費を削減して会社の利益を上げるには、会社内全体で取り組むことが必要ですが、経費削減に取り組んでくれる税理士に任せるのも1つの方法です。

社長さんと一緒になって、一生懸命取り組める会計事務所が、芦屋会計事務所です。

過去の実績から節税のためのノウハウや、経費を減らす方法などをお教えいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


大阪の税理士(会計)事務所「芦屋会計事務所」で税理士を月額1万円から依頼

カテゴリー

購読する

税理士コラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

リロケーションコラム RSS

ページ上部へ戻る
大阪の税理士「芦屋会計事務所」 | 大阪の税理士コラム