大阪の税理士(会計)「芦屋会計事務所」で月額1万円から依頼

管理するものを減らすこと。それが、ステップアップの近道です。

モノがあるだけで、それを管理する仕事が発生する。

そんなふうに感じたことはありませんか?

管理対象物をできるだけ少なくすることが、合理化の第一歩。

経営は、極力シンプルにすることが必要なのです。

今回は、をご紹介します。

預金通帳を1つにすると、キャッシュフローが見えてくる。

①預金通帳を一本化する

事業が大きくなるにつれ、取引のある金融機関や預金の種類も次第に増えていきます。

近頃はペイオフの関係もあり、リスク分散のために取引銀行を増やしている

会社もありますが、預金口座が多ければ多いほど、管理する手間は増えていきます。

取引は、できるだけメインバンクに集中させましょう。

売上の入金口座を1つに限定し、振込や口座振替もメイン口座からすべて行います。

究極は、すべてを1口座(または支店単位で1口座)で管理することで、

預金口座間での資金移動の時間と手間や、

口座の記帳をする手間と残高確認作業を削減することが可能になります。

②通帳を見ただけで資金繰りが分かる

「今現在の預金残高はいくらか?」と質問して即答できる経理担当者は、

まずいません。通帳が複数あると、合計しなければなりませんが、

1冊であれば残高を見れば現在の預金額がわかります。

単純にしておかないと判断がそれだけ遅れてしまいます。

メインの口座を1つにすると、資金の流れがスッキリして、

資金繰りが良く分かるようになります。

つまり、通帳を1冊にすると、経営がわかりやすくなるのです。

売掛金を減らす。

会社の取引規模や取引条件により、売掛金や受取手形の金額も違います。

しかし、明らかなのは、現金化されるまでの期間が長いほど、

管理する手間がかかるとともに、貸倒れのリスクが大きくなることです。

①前金だと貸倒れリスクと管理コストがゼロ

パソコンのダイレクト販売をしているデル・コンピュータ社は、

代金支払方法が前金かクレジットカード決済のいずれかです。

この支払方法であれば貸倒れの危険はありませんし、

売掛金を管理する仕事もありません。

②「人がいい経営」が会社を潰す

ある信用調査会社の調査によると、

倒産する会社の経営者はみんな人が良すぎるのだそうです。

回収は得意先の条件に合わせて待ってあげて、支払いは相手の期限を守ってあげるとか。

まず、経営者が代金回収の基準を明確にしましょう。

③売掛金の回収管理を早くする

売掛金の回収がしっかりできている会社は、回収結果の集計が早く、

未回収残高が一目でわかる仕組みができています。

たとえば、回収は専門業者にやってもらうのもおすすめです。

集金代行会社からのレポートを見て、

回収不能のところだけ対応すれば済むからです。

このような施策を打ってでも、回収管理が回収日から

10日以内にできていない会社は、改善が必要といえるでしょう。

経理担当者、成功のステップ。

経理業務の合理化については、だいたいイメージしていただけたと思います。

そこで、合理化した後の経理担当者の進むべき方向性について、説明します。

①ワンランク上の経理業務

合理化して空いた時間で、経理本来の仕事である資金繰りや

部門別の予算実績管理などの仕事を担当してもらうことを望む企業も多いと思います。

めざすべき姿は、「資金管理」や「予算管理業務」を遂行できるレベルの経理担当者です。

②他業務兼務

そして、もう一つの方法が、合理化して空いた時間を使って、

他部門の仕事をサポートすることです。

経理担当者は、几帳面でしっかり数字をとらえる能力を持った方が多いので、

他の部門の特に金額を扱う業務をサポートすることは、

会社にとって非常に有効だといえるでしょう。

今回のまとめ

■預金通帳を一冊にすることのメリット

●預金口座間での資金移動の時間と手間が減る●口座の記帳をする手間と残高確認作業が減る●お金の流れがよくわかるようになる

■経理業務合理化後の担当者の方向性

STEP1 ルーチン作業を合理化して、作業時間を半分以下にするSTEP2 空いた時間で、他部門のサポートを行うSTEP3 サポートをしながら、現場で取引の流れを勉強する

STEP4 将来の情報を集めて、資金繰りや予算管理を行う

いかがでしたか?

以上、経理業務合理化のススメとして、いくつかの改善法を述べました。

どれか1つでも、まずは実践してみてください。

実際にこのやり方で成果を上げている会社が多く存在することは事実。

業務改善は、今からできることばかりです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


大阪の税理士(会計)事務所「芦屋会計事務所」で税理士を月額1万円から依頼

カテゴリー

購読する

税理士コラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

リロケーションコラム RSS

ページ上部へ戻る
大阪の税理士「芦屋会計事務所」 | 大阪の税理士コラム