大阪の税理士(会計)「芦屋会計事務所」で月額1万円から依頼

必見!通信コストを削減する4つの方法とは?

通信費を「現状でも充分安いはず」

「年間にかかっている費用全体から見れば微々たるもの」などと

考えてそのままにしていませんか?

電話・インターネット接続のプランや、利用している郵送サービスを再編することで、

通信関連にかかっている費用は、思いのほか削減することが可能です。

昨今、複雑で様々なサービスが提供されている通信・運送業界ですが、

各社のサービス内容を比較しながら、自社にとって最善の選択をすべきではないでしょうか。

①固定電話のIP化

IP(Internet Protocol)電話とは、従来の電話回線ではなく、

インターネット回線を利用した電話のことです。

NTTの交換機を使わないため、料金が安くなり、

全国どこでも3分8円前後で通話ができます。

さらに、同一もしくは提携グループ※注のIP電話サービス加入者同士では

通話料が無料になるというメリットがあります。

※注)主な提携グループ

■NTTコミュニケーションズ をはじめとするIP電話基盤事業者グループ

■KDDI・日本テレコム をはじめとするIP電話基盤事業者グループ

■ぷらら、NTT-ME をはじめとするIP電話基盤事業者グループ

■フュージョンコミュニケーションズ をはじめとするIP電話基盤事業者グループ

 

②携帯電話の内線化

携帯電話各社が力を入れているのが、

携帯電話を社内で使用する内線電話として利用できるサービス。

携帯電話間だけでなく、携帯電話と固定電話の間においても内線番号で通話でき、

従来の内線電話と同様に、内線番号表示や保留、転送などの機能も利用可能です。

③郵送・配送方法の検討

規制緩和によって生まれた、宅配業者による書類配送サービス(メール便)は、

業者間で価格競争が行われており、経費節減には有効です。

各社の料金体系を比較検討したうえで、

自社にとって有利なもの選択していただきたいと思います。

また、郵送・配送料金を見直すとき、宅配業者にばかり目がいきがちですが、

「ゆうパック」の実態を見てみると、以下のように宅配業者以上のサービスが

多く提供されています。

郵送物によってうまく使い分けることで大きな額の削減も可能となります。

■ゆうパック

●3辺の合計が1.7m以内、30㎏以内

●代金引換サービスは回収日の翌日振込(宅配業者は5日くらい)

●代引き手数料一律250円、200万円まで

(宅配業者は30万円上限で手数料300円~1,000円と細かく分かれています)

他にも、お届け通知、不在時転送、当日の再配送、時間帯希望再配達、宅配便追跡などの

サービスが多くあるので、活用することでコスト削減を考えてみましょう。

④切手・はがきの購入・管理

みなさんの会社では、切手やはがきをどこで購入していますか?

多くの方が「郵便局」と答えるでしょう。

しかし、切手やはがきはどこで購入しても商品価値は同じです。

ならば、金券ショップでまとめて購入するのが経済的です。

一般的に、定価の2~4%は安く手に入ります。

ダイレクトメール等で大量に切手を使う会社の場合、

年間で計算すると決して小さな金額にはならないはずです。

同様に、印紙の購入も金券ショップを利用することをお勧めします。

最近では、インターネットで注文して

会社まで届けてくれる業者が多いので非常に便利です。

また、購入した後の管理も重要。オフィスの棚に切手が無造作に置かれ、

社員が気軽に使える状態になっているのならば、すぐにでも改善が必要といえます。

郵便切手やはがきは現金と同じです。

少額であっても決して軽くみないことです。切手やはがきの出納帳を作成し、

管理を厳格にしましょう。また、使用する際は目的や送付先なども記入させ、

私用を防ぐというのも一つの方法です。

今回のまとめ

■3分間の通話料金比較(固定電話にかける場合)

発信者

区域内

都道府県内の区域外

~20㎞

20~60㎞

60㎞~

一般加入電話

8.925円(3分)

21円

31.5円

42円

IP電話

7.875円~8.4円程度(全国一律)

(詳細はプロバイダのホームページをご覧ください。)

■各社書類配送サービス(メール便)の比較表

第一種郵便

重さ

50g

100g

150g

250g

500g

1kg

2kg

料金

120円

140円

200円

240円

390円

580円

850円

ゆうメール

重さ

150g

250g

500g

1kg

2kg

3kg

料金

180円

210円

290円

340円

450円

590円

第三種郵便

重さ

~50g

~100g

~150g

~250g

~500g

~1kg

~2kg

料金

120円

140円

200円

240円

390円

580円

850円

佐川飛脚

メール便

重さ

300g

600g

1kg

料金

160円

210円

310円

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


大阪の税理士(会計)事務所「芦屋会計事務所」で税理士を月額1万円から依頼

カテゴリー

購読する

税理士コラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

リロケーションコラム RSS

ページ上部へ戻る
大阪の税理士「芦屋会計事務所」 | 大阪の税理士コラム