大阪の税理士(会計)「芦屋会計事務所」で月額1万円から依頼

「業務管理」を見直したい!各部門に本社費を配賦する5つの方法

2013.08.22

1件

事業単位で管理会計を進めるときには、本社費からの配賦が大きな課題となります。本社からの共通経費の配賦には、納得性の高い根拠を定めなければなりません。そこで今回は共通経費を配賦する5つの方法についてお話ししていきたいと思います。

 

売上高基準・売上総利益基準

売上高の実績によって本社費を配賦する方法のことを指します。非常に分かりやすいのですが、本社費は固定費であるため、変動に対する反発を受けやすくなる可能性があります。

 

資産残高基準

各部門の棚卸資産、売上債権などの流動資産、あるいは固定資産残高を加えた資産残高による方法のことを言います。資産を圧縮させる方向に導かれるという利点があります。

 

人員割り

所属する従業員数を基準とする方法のことを指します。この方法は合理性が高く実務上優れているといえます。中堅企業や、中小企業において最も適した配賦方法だと考えられています。

 

人件費基準

負担するべき部門全体の人件費を100%として各部門の人件費の割合で配賦する方法を指します。人員構成に部門間での格差が大きい場合にこの、人件費基準がよく用いられています。

 

使用実績基準

本社経費を、それぞれの部門がどのような比重で使用しているか判断し、各部門に配賦する方法を言います。デメリットとして、作業に膨大な時間が要するという点が挙げられます。

 

今回のまとめ

業績管理

1 売上高基準・売上総利益基準

売上高の実績によって本社費を配賦する方法。

2 資産残高基準

各部門の棚卸資産、売上債権などの流動資産、あるいは固定資産残高を加えた資産残高による方法。

3 人員割り

所属する従業員数を基準とする方法。

4 人件費基準

負担するべき部門全体の人件費を100%として各部門の人件費の割合で配賦する方法。

5 使用実績基準

本社経費を、それぞれの部門がどのような比重で使用しているか判断し、各部門に配賦する方法です。

共通経費を配賦するにはこれら5つの方法があります。それらを経営者や幹部組織の人間が把握し、部門ごとに適した本社費を配賦を行いましょう。

 

本社費を上手く配賦するだけでなく、業績管理を行う中では、「業績検討会」が重要になります。

PDCAサイクルを上手に回して、業績検討会を行う方法については、以下の記事をご覧下さい。

PDCAサイクルで効果的な「業績検討会」を行う3つのポイント

 

最後に

会計コストを見直したいけど、どの会計事務所も高額で困っている社長の皆さん、芦屋会計事務所なら月額1万円の顧問報酬で会計コストの見直しをします。

今なら節税ノウハウの詰まった無料小冊子をお配りしていますので、ぜひお問合せ下さいませ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


大阪の税理士(会計)事務所「芦屋会計事務所」で税理士を月額1万円から依頼

カテゴリー

購読する

税理士コラムの最新記事を購読したい方はぜひRSSをご登録ください。

リロケーションコラム RSS

ページ上部へ戻る
大阪の税理士「芦屋会計事務所」 | 大阪の税理士コラム